京都府八幡市橋本にて、旧遊郭・旅館 橋本の香に泊まる

橋本の香 へのアクセス

↑赤字のところが橋本の香り

京都府八幡市にはかつての遊郭であった橋本遊郭跡の建物が一部残っています。京阪電車、京阪本線・橋本駅を西側へ降りて宇治川の方向へ徒歩約3分のところにあります。同じ筋に多津美旅館や美香茶楼もあります。

車ですと木津川、宇治川が合流するあたりの堤防沿い、京都守口線から少し東に入ったあたりです。今回古い妓楼建物を改修して旅館として2020年から営業されている「橋本の香り」さんに初めて宿泊しました。

外観

綺麗にリニューアルされている感じです。駐車場は左となりに案内され止めました。

玄関ホール

独特の造りです。タイル、木製の飾りが素晴らしいです。

各部屋

↑こちらが実際に宿泊したお部屋です。エアコン付き、テレビは無しでした。オーナー(女将さん?)からどの部屋にする?と3つほど提案を受けてこの部屋に決めました。一番広かったからです。

ステンドグラス

オーナーさんに案内を受けて館内を撮影させていただきました。ステンドグラスがとても綺麗です。宿泊しないで見学だけでも500円で可能です。

まとめ

こちらの 橋本の香 の建物は、聞きますとなんと昭和10年建築だそうで86年を経ているわけです。館内どうでしょうか、約20室くらいあったでしょうか。各部屋にトイレ、洗面する所はなく、共同となります。二階のトイレの横にシャワールームもありました。食事はなく素泊まりのみで今回一人料金5000円でした。

一般のホテルに泊まるのも良いですが、たまにはこれまでに見たことないような建物、空間に触れて、新しい発見をしたり思いを馳せるのも良いのではないでしょうか。

□旅館 橋本の香
     はしもとのかおり

運営会社:株式会社SHEHAB(シェハブ)
所在地 :〒614-8342 京都府八幡市橋本小金川2
電話番号:090-8375-8761
代表者 :於 莉佳(オ リカ)
最寄駅 :京阪本線 橋本駅

おすすめの記事